記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死闘①

かりんと絵里がタイマンをしたのと同じ日、同じ頃ー。

隣町の海岸で二人の女子高生が睨み合っていた。

佐々木玲於奈と田中友理奈は、かりんや絵里と同じく、小野塚高校の2ーC組だ。
何故、二人は睨み合っているのかー

二人は中学校の時から何回も喧嘩を繰り返していた、レディースのリーダーだったのである。
しかし二人とも人生をやり直すため、猛勉強をして小野塚高校に入学した。
二年生の始業式、二人は初めてお互いが同じ高校に入学したことを知ったのである。

玲於奈「えっ!?友理奈が何でここに?」
友理奈「うそー!?玲於奈のことだからバカ高校に行ってるのかと思ってたwwww」
玲於奈「自分の人生を変えたいって思ったから。あんたと喧嘩はしたくないからね。」
友理奈「実はうちもなんだよね。仲直りしよ?」
玲於奈「うん、今までごめんね」

こうして4月が過ぎ、五月のある日ー


玲於奈「友理奈は中学校の時よりも、おっぱい大きくなってるね」
友理奈「マジで!?ありがとう!!」
玲於奈「でも、うちの方が大きいなwww」
友理奈「はww?どう見たってうちのが大きい!」
玲於奈「おっぱいはともかく、女友達の魅力はうちの方が上だなwwww」
友理奈「調子乗ってる?どう考えたってうちに勝てる女はいないよ!」

教師「そこ、うるさいぞ。ちゃんと聞いとけよ。」

こうして、見えないところで火花が散っていた。
そして、この日を境に嫌がらせは続いた。
足を思いっきり踏んだり、掛けたり。。。。
二人の中では、お互いに対する憎しみがつのっていった。

そんなある日ー

その時は体育だった。授業で100m走を行った。友理奈と玲於奈は、一緒に走ったがほぼ互角だった。玲於奈はなんとしてでも友理奈に勝ちたいと思っていた。玲於奈は突然、友理奈の脇腹に肘を入れた。

友理奈(痛い!!汚ねえことしやがって。こっちも考えてんのよ!)
友理奈は玲於奈にタックルして、玲於奈をひっくり返らせた。

友理奈「ふざけんなよ!!!汚ねえ手を使いやがって、このカスゴミ女!」
玲於奈「うるさい!!!どんなことでも、あんたに勝ちたいの!!!どんな手を使っても!!」

そう言って、取っ組み合ったが教師や生徒達に引き剥がされた。
二人は1週間の自宅謹慎処分となった。

玲於奈(何で?あいつのせいだわ!マジで許さない)

友理奈(うちが悪いわけ?絶対あいつが悪い!許さない)

どうしても怒りが収まらない玲於奈は友理奈にメールをした。

「もう、我慢できない。死ぬまでうちらは闘い続ける。とりあえず、明日の夜1時に平田海岸に来て」

そして、夜1時ー。

玲於奈「よく来たじゃん」
友理奈「当然だわ、お前にだけは負けたくないからね。ま、うちが余裕で勝つけどねww」
玲於奈「バカだねwwwうちが負けるわけないじゃんwwww」
友理奈「調子ぶっこいてんじゃねえぞ!このクソゴミ女!!」

玲於奈「はぁ?お前よりはマシだわwww」
友理奈「ふざけるな!!」
そう言って闘いが始まった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

へへののもへ字

Author:へへののもへ字
へへののもへ字の作品を投稿するページです!
内容は主にキャットファイトを中心で
逝かせ合いやタイマンなどをテーマにしています!
ぜひ、自分の小説はお読みになり、妄想のタネにしてください!!!

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。